カド番栃ノ心、白星先行 母国首相観戦に気合入った!

[ 2019年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所 5日目   〇栃ノ心―魁聖● ( 2019年3月14日    エディオンアリーナ大阪 )

魁聖(右)を寄り切りで下した栃ノ心(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 カド番の大関・栃ノ心が魁聖を寄り切って白星を先行させた。「連勝は気分がいい。寄り切りは自信になるね」。右の相四つで上手を引きつける得意な形だけに、表情も和らいだ。

 この日は母国ジョージアのマムカ・バフタゼ首相が、同国出身初の関取だった元黒海のレヴァン・ツァグリア氏と一緒に観戦。この日の朝稽古でも「勝って会わないと」と気合が入っていたがきっちり実現した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月15日のニュース