白鵬、平幕の逸ノ城が6連勝! 鶴竜、高安、豪栄道、琴奨菊が1敗で追う

[ 2019年3月15日 16:38 ]

大相撲春場所6日目 ( 2019年3月15日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲6日目>錦木に勝ち懸賞金を手にする白鵬(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 大相撲春場所6日目は15日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われた。白鵬は錦木を寄り切りで下し6連勝をマークした。7日目は正代戦。黒星スタートの鶴竜は正代をはたき込みで下し5勝目を挙げた。

 大関陣では全勝を守っていた豪栄道が大栄翔に押し出しで敗れ痛恨の1敗を喫した。大栄翔は今場所、3日目の高安に続き大関から2つの白星を挙げた。高安は妙義龍を押し出しで下し1敗を守った。カド番の栃ノ心は御嶽海を上手投げで下し4勝2敗とした。
 
 貴景勝は巨漢・魁聖を送り出して4勝目。先場所優勝の玉鷲は北勝富士を押し出しで下し星を五分に戻した。平幕の逸ノ城が遠藤をはたき込んで6連勝。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月15日のニュース