逸ノ城、はたきで阿武咲一蹴 16年名古屋以来の無傷5連勝

[ 2019年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所 5日目   〇逸ノ城―阿武咲● ( 2019年3月14日    エディオンアリーナ大阪 )

はたき込みで阿武咲(右)を破り、全勝を守った逸ノ城(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 逸ノ城は左で張ってから右のはたき込みで阿武咲を一蹴。16年名古屋場所以来となる、初日から5連勝とした。「(はたきは)上がる前から決めていた。それで落ちなくても左上手が近くなるので」。

 湊部屋の宿舎は今年から廃校の跡地を利用した施設となり、逸ノ城は「3年生」の部屋に宿泊している。「城北の頃を思い出した」。本格的に相撲を始めた鳥取城北高時代の初心に帰り、快進撃につなげている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月15日のニュース