玉鷲、3連敗でストップ「リラックスしていった」

[ 2019年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所 5日目   〇玉鷲―貴景勝● ( 2019年3月14日    エディオンアリーナ大阪 )

貴景勝(右)を押し出して連敗を止めた玉鷲(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 前に攻めることだけを心掛け、玉鷲が貴景勝を破った。「実力のある人に負けたくない」。2日目から3連敗、貴景勝にも昨年秋場所から3連敗だったが、悪い流れを断ち切った。

 4日目の御嶽海戦は土俵中央での押し合いで攻められずにズルズルと後退した。「昨日みたいに硬くなると前に出られなくなるのでリラックスしていった。これがきっかけになれば」。初場所の覇者は、昨年九州場所の覇者からの白星を弾みにしていく。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月15日のニュース