川内、静岡マラソンV 4月プロ転向後もマネジメント会社と契約せずに活動

[ 2019年2月25日 05:30 ]

レース後に笑顔を見せる川内
Photo By スポニチ

 男子マラソンの川内優輝(31=埼玉県庁)がプロに転向する4月以降、マネジメント会社と契約せずに活動することが24日、分かった。有力プロ選手はスポンサー開拓やメディア対応などをマネジメント会社に委託することが多いが、出場レースやイベント出演を自ら決定するのが狙いで「自分でコントロールした方が、したいようにできる」と語った。

 この日は静岡マラソンに出場し、2時間13分41秒で優勝。世界選手権(9〜10月、ドーハ)の代表選考会で公務員として最後のフルマラソンとなる、びわ湖毎日(3月10日)に弾みをつけた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月25日のニュース