アイスショー「氷艶」第2弾は源氏物語 高橋大輔×宮本亜門で「日本文化を徹底的に面白く発信」

[ 2019年2月25日 14:12 ]

<氷艶Hyoen2019 月光かりの如く 記者発表会>右手を合わせ、笑顔を見せる(左から)柚希礼音、荒川静香さん、宮本亜門、高橋大輔、福士誠治(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 今年7月26〜28日に横浜アリーナで行われるアイスショー「氷艶 hyoen2019 ―月光かりの如く」の記者発表会が25日、都内で行われた。17年に世界初となる歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーション公演を実現し、約4万人を動員。第2弾となる今作は世界最古の長編小説といわれる名作「源氏物語」を主演・高橋大輔(32)、演出・宮本亜門(61)の豪華タッグで演じる。会見には出演者の荒川静香(37)、福士誠治(35)、柚希礼音(39)も登壇した。

 選手として現役復帰しながら、表現者として光源氏を演じる高橋は「氷艶はいつものアイスショーと違って、ストーリー仕立て。今回の現役復帰に当たって、演じることが自分の中でメーンですので、みんなで稽古しながら作品を演じられる喜びを感じつつ、またできるのが楽しみ」と語った。

 宮本は「フィギュアスケートショーは初めてで、アリーナという空間での演出が初めてなので、大変楽しみ。内容が源氏物語ということで、日本の文化を徹底的に面白く発信できれば。世界に持っていきたいと思っています。このメンバーとできることを心より楽しみにしている。心配どころか、むしろ興奮している」と意気込みを口にした。

 荒川は「日本人の心に染みるような作品になるように精いっぱい頑張りたい」と語り、柚希は「スケートをしているかどうかは本番ですけど…稽古をして挑みたい」、福士は「せっかくスケートという世界を体験させていただきますし、五輪も近いですから、どうにか組み込めるように自分も頑張っていけたら。それくらいの意気込みで練習したい」とジョーク交じりに力を込めた。

 出演は他にステファン・ランビエル、平原綾香、浪岡一喜、ユリア・リプニツカヤ、鈴木明子、織田信成、村上佳菜子、西岡徳馬ら。テーマ曲を松本孝弘が担当する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月25日のニュース