元大関・照ノ富士、春場所での復帰目指し大阪入り…4場所連続全休で序二段に

[ 2019年2月25日 21:43 ]

照ノ富士
Photo By スポニチ

 大関経験者で西序二段48枚目の照ノ富士(27=伊勢ケ浜部屋)が春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)出場を目指して、大阪入りしていることが明らかになった。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)が25日、大阪市内で報道陣に対応し「出るつもりで、こっちに来ている。リハビリだけなら、来ない」と説明した。

 照ノ富士は昨年夏場所を途中休場。終盤に再出場したが白星を挙げずに終わった。その後、両膝を手術。糖尿病にも苦しんだ。昨年名古屋場所から、今年1月の初場所まで4場所連続で全休している。

 現在の状態について、同親方は「稽古はしているが十分ではない。よくはなっているけど、やってみないと分からない」と、出否については慎重な姿勢もみせた。

 過去に大関経験者が幕下以下で相撲をとった例はない。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年2月25日のニュース