大学ラグビー12日に決勝戦 明大復活か 天理大初Vか

[ 2019年1月11日 05:30 ]

 日本ラグビー協会は、12日の全国大学選手権決勝(秩父宮)で対戦する明大、天理大両校の登録メンバー23人を発表し、22季ぶり13度目の大学日本一を目指す明大はSH福田健太主将、プロップ祝原涼介(ともに4年)らの先発が決まった。

 23人全員が2日の準決勝と同じ構成。この日は東京都内で報道陣に非公開で練習を行った。天理大も全23人が帝京大を破った準決勝と同じメンバー構成で、悲願の初優勝を目指す。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月11日のニュース