仏、JOC竹田会長の捜査決定 贈賄容疑と報道 東京五輪招致疑惑

[ 2019年1月11日 18:22 ]

JOCの竹田恒和会長
Photo By スポニチ

 フランス紙ルモンド電子版は11日、2020年の東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑で、フランス捜査当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄の容疑者とする捜査開始を決定したと報じた。

 ルモンドによると、フランス当局は、竹田会長が、五輪招致に向けて賄賂を支払うことを認めた疑いがあるとみている。昨年12月10日に竹田会長から事情聴取した。

 竹田会長は11日、東京都内で取材に応じ、昨年12月に「担当判事のヒアリングには協力した」と明らかにした。

 疑惑は、東京五輪招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社と契約し送金した計280万シンガポールドル(約2億2千万円)の一部が当時、国際オリンピック委員会(IOC)の委員だった人物の息子に渡ったとされる。

 招致委理事長だった竹田会長は業務契約に基づく正当な支払いだったと説明し、票の買収を否定した。(共同)

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月11日のニュース