松鳳山 「スターフライヤー」から化粧まわし贈られ決意「自分もファン満足度第1位に」

[ 2019年1月11日 12:10 ]

スターフライヤーから贈られた化粧まわしを手に初場所での活躍を期す松鳳山。左は客室乗務員の宮川欣子(よしこ)さん                               
Photo By スポニチ

 大相撲の幕内・松鳳山(二所ノ関部屋)が11日、航空会社「スターフライヤー」から化粧まわしを贈られた。この日、都内で贈呈式が行われ、飛行機の尾翼の周囲に金星と14個の☆がちりばめられた化粧まわしがお披露目された。

 福岡県北九州市に本社を置く同社は福岡県出身の力士に17年から懸賞を提供。今年から北九州市とその周辺地域出身者をサポートするというコンセプトを明確にするため、築上町出身の松鳳山に場所15日間通しでの懸賞提供と化粧まわし贈呈を決めた。

 松鳳山は横綱・稀勢の里の土俵入りで太刀持ちを務めているが、横綱の了解を得て初日は横綱土俵入りを外れ新しい化粧まわしを着けて土俵入りする。この日、初日が玉鷲、2日目が貴景勝と「関脇2連戦」が決まり、「力が入りますね」ときっぱり。スターフライヤーは、国内最大級の顧客満足度調査JCSI(日本版顧客満足度指数)で10年連続で第1位に輝いており、「自分もファン満足度第1位になれるような熱い相撲を見せます」と決意をみなぎらせていた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月11日のニュース