栃ノ心、初場所出場を明言「出ます」右太腿不安なんの

[ 2019年1月11日 05:30 ]

土俵で立ち合いを確認する栃ノ心
Photo By スポニチ

 右太腿に不安を抱える大関・栃ノ心(31=春日野部屋)も、東京都墨田区の同部屋で初場所について「出ますよ。大丈夫。それが聞きたいんでしょ」と笑顔で明言した。師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)とも相談し決断した。

 5日の稽古中に右太腿を負傷。7日の横綱審議委員会(横審)による稽古総見を欠席したが、1日2回の超音波治療などで痛みが少しずつ軽減した。この日は土俵に上がって若い衆に胸を出し、自らも立ち合いの確認を行って、回復をアピールした。

 それでも相撲を取る稽古はできておらず、ぶっつけ本番で初日を迎える栃ノ心。昨年初優勝を飾った初場所が今年は試練の場所になる。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月11日のニュース