大鵬の孫、納谷勝ち越し王手 アドバイスしてくれる実父・元貴闘力の携帯番号は「知らないんです」

[ 2018年11月17日 13:34 ]

大相撲九州場所7日目 ( 2018年11月17日    福岡国際センター )

<九州場所初7日目>納谷は、押し出しで井上を破る(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 大鵬の孫、三段目の納谷が井上を押し出し、勝ち越しに王手を懸けた。立ち合いから突き放して前に出ると、その勢いのまま押し切った。

 「前からいこうと思っていて、その通りにできました。少し残られましたが、自分の中では余裕がありました。くうようなはたきではありませんでした」と振り返った。3日目に敗れたものの、そこから連勝と波に乗ってきた。「負けた相撲も体は動いていたので。それで気持ちが崩れることはありませんでした」。幕下の壁にぶち当たった先場所は、実父の元貴闘力・鎌苅忠茂氏から呼び出されアドバイスを受けた。今場所は今のところ連絡はないそうで「怒られるような相撲を取っていないのかなと思います」と笑顔で振り返る。

 父とは兄弟子の携帯で連絡を取り合っており「自分は(鎌苅氏の)電話番号を知らないので。先場所も兄弟子の携帯に連絡があって呼び出されました」と説明していた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年11月17日のニュース