羽生結弦 右足首負傷もフリー強行出場 合計278・42点 自身の世界最高点に及ばずも滑り切る

[ 2018年11月17日 21:06 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第5戦ロシア杯・男子フリー ( 2018年11月17日    ロシア・モスクワ )

<フィギュア・ロシア杯>男子フリーの演技をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ第5戦ロシア杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(23=ANA)がこの日の公式練習で右足首を負傷したものの強行出場し、フリー167・89点、合計278・42点だった。フィンランド大会で自身が記録したルール改正後の世界最高得点にはいずれも及ばなかったが、滑り切った。

 アクシデントを不屈の精神力で乗り越えた。前日のSPでルール改正後の世界最高となる110・53点をマークし首位に立った羽生はこの日行われた公式練習で4回転ループを跳んだ際に着地で転倒。右足首をひねり、ひきずるそぶりを見せて引き揚げた。出場が危ぶまれる中、12人中10番目の滑走で強行出場すると、4回転サルコー、4回転トーループを決めたものの、後半にジャンプにミスが出た。

 今季GP初戦となった4日のフィンランド大会で記録した得点にはフリー、合計ともに及ばなかったものの、演じ切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月17日のニュース