カヌー鈴木に最も重い除名処分除名検討 ライバルへ禁止薬物混入、窃盗や妨害工作も

[ 2018年1月9日 18:36 ]

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)=福島県協会=がライバルの小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となった問題で、鈴木選手に対し定款上、最も重い除名処分を理事会、総会に提案することを明らかにした。

 同連盟の古谷利彦専務理事によると、2010年ごろから国内大会や日本代表の海外遠征中にパドルの破損や紛失、現金の盗難などが度々発生。鈴木選手は一部への関与を認め、小松選手以外への妨害行為も証言したという。

 石川県警は禁止薬物混入のほか、競技で使用する道具を盗まれたとする被害届を小松選手から受理し、捜査を進めている。古谷専務理事は、理事会の開催時期について「(捜査が)終わり次第、速やかに」と述べた。

 カヌー連盟はドリンク保管所を大会中に設置するなどの再発防止策も発表した。

 この問題で、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に8年間の資格停止処分を科し、暫定的に資格停止となっていた小松選手の処分は解除した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年1月9日のニュース