稀勢の里、出稽古で嘉風を圧倒!初場所への「手応え」確信に

[ 2018年1月9日 12:48 ]

嘉風(右)を転がした稀勢の里
Photo By スポニチ

 4場所連続休場中の横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)が9日、東京都江東区の尾車部屋への出稽古で平幕・嘉風(35=尾車部屋)と14番取り、12勝2敗と圧倒した。

 8日は尾車部屋で行われた二所ノ関一門連合稽古で琴奨菊、嘉風と取って14勝3敗。「昨日は高安以外とやって、手応えが自分なりに見えた。それを確信に変えるつもりで」と再び嘉風と胸を合わせた。左の差し手を殺されても慌てず、相手の上体を起こして右上手を取ってから寄り切るなど、休場が続いた昨年の九州場所までは見られなかった粘り強さが出てきた。感触を聞かれると「いいと思う。うまくバランスが取れている。脳みそがだいぶよくなってきている」と納得の様子だった。

 初場所(14日初日、両国国技館)への出場を視野に入れ、「あとは場所で結果を残さないと。初日に向けて、いい状態でしっかり、あと3、4日で仕上げていきたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年1月9日のニュース