東京五輪目指すカヌー男子選手、ライバルに禁止薬物 他の選手にも妨害行為

[ 2018年1月9日 09:34 ]

2016年8月、リオデジャネイロ五輪で行われたカヌー男子スプリント・カヤックフォアの決勝
Photo By 共同

 昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)に出場した男子選手(32)が別の男子選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入させ、入れられた選手がドーピング検査で陽性となっていたことが9日、関係者の話で分かった。ともに昨夏の世界選手権(チェコ)に出場し、2020年東京五輪を目指すトップ選手で、異例の事態。東京五輪に向けてドーピング対策の徹底が求められる中、開催国として大きなイメージダウンとなった。

 加害選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、ライバル選手を陥れようとしたと説明している。検査で陽性反応を示した選手は禁止物質の摂取を否定し、同連盟による調査の過程で加害選手が禁止物質を混入させていたことを認めた。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は加害選手を8年間の資格停止処分とする方針を固め、近く公表する。被害選手には資格停止は科さずに救済するが、日本選手権の成績は抹消となる見通し。

 日本カヌー連盟による調査では、加害選手は他のライバル選手に対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を繰り返していたことも判明した。連盟として独自に選手、関係者の処分を行うほか、再発防止策を講じる方針。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年1月9日のニュース