河瀬父も万感笑み「ようやった」、自身は大工大高の初制覇導く

[ 2018年1月9日 05:30 ]

第97回全国高校ラグビー決勝   東海大仰星27―20大阪桐蔭 ( 2018年1月8日    花園ラグビー場 )

<東海大仰星・大阪桐蔭>父子代全国制覇を達成し、父・泰治氏(左)に祝福される東海大仰星・河瀬
Photo By スポニチ

 東海大仰星WTB河瀬の父・泰治さんも万感の笑みを浮かべた。怪物No・8として大工大高を初優勝に導いた立役者は、学校は違えど、同じように頂点を目指す息子へ、大会前に「伸び伸びとやってこい」と送り出したという。

 この日はスタンドで東海大仰星の保護者らと観戦。「父子優勝ですな。(失敗が続いた)キックの時は親になりました。ホッとしています。ようやった、と褒めたい」と目を細めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年1月9日のニュース