「ヤ」は最後の文字 日本 開会式入場行進は最後から2番目

[ 2014年2月5日 22:57 ]

 ソチ冬季五輪の大会組織委員会は5日までに、7日夜(日本時間8日未明)の開会式の入場行進はこれまでの五輪方式に従い、ロシア語で国・地域名を表記した場合の頭文字のアルファベット順に行うことを明らかにした。日本の行進順は、最後に行進する開催国ロシアの一つ前となる。

 ロシア語で日本は「ヤポニヤ」で、「ヤ」を表すキリル文字はアルファベットの最後の文字。今大会の出場国ではジャマイカも「ヤ」で始まるが、日本の方が後ろに来る。開会式の入場行進順は最初が発祥国ギリシャ、最後は開催国と決まっていて、残りは開催国の言語に従う。

 ソチ五輪には冬季史上最多の87の国と地域が参加し、国内オリンピック委員会が資格停止中のインドは個人資格で3選手が出る。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年2月5日のニュース