JVBツアー連覇の尾崎睦がビーチバレー引退、競輪選手に転身

[ 2013年12月20日 18:05 ]

今季限りでの引退を表明した尾崎睦

 ビーチバレー女子の尾崎睦(28=ミキハウス)が20日、自身の公式ブログで今季限りでの現役引退を発表した。

 「ご報告」のエントリーで、「今シーズンを持ちまして私、尾崎睦はビーチバレー選手としての活動を終えることに決めました」と表明。「ファンの皆様、そして関係者の皆様。今日まで応援してくださり、本当にありがとうございました」と謝意をつづった。

 この日、日本競輪学校への合格が発表された尾崎は「新しい道で輝けるよう、これからも元気に頑張っていきます」と結んでいる。

 東京女子体育大出身の尾崎は湘南ベルマーレ所属だった2008年のユニバーシアードで5位入賞、10年には全日本ビーチバレー女子選手権で優勝を飾った。昨季から草野歩(28)とコンビを復活させ、2年連続でジャパンビーチバレー(JBV)ツアーの年間女王となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2013年12月20日のニュース