アマ日本一の大堀、アジアツアーに挑戦 JGAで慰労会

[ 2013年12月20日 17:40 ]

 日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチーム慰労会が20日、東京都内で開かれ、日本アマチュア選手権を制した大堀裕次郎(大阪学院大)が来季はプロとしてアジアツアーに挑む意向を表明した。日本ツアーにも主催者推薦などで出場できる見通し。大堀は「タイガー・ウッズ(米国)が目標。まずは日本で賞金王を目指す」と語った。

 全国高校選手権春季大会覇者の比嘉一貴(沖縄・本部高)は東北福祉大進学を表明し「松山(英樹)さんみたいに大学生のうちにツアーで優勝したい」と意気込んだ。全米女子アマチュア選手権第2ラウンドで大会史上最少の64をマークした松原由美(大阪・白鷺中)はJGAの特別表彰を受けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2013年12月20日のニュース