日本A代表にリオ五輪狙う山口、垣岩ら選出

[ 2013年12月20日 17:52 ]

 日本バドミントン協会は20日、2014年日本代表を発表し、16年リオデジャネイロ五輪を狙うメンバー「A」に9月のヨネックス・オープン・ジャパン女子シングルスで日本勢初優勝を果たした16歳の山口茜(福井・勝山高)やロンドン五輪女子ダブルス銀メダルの垣岩令佳(ルネサス)ら男女各10人が名を連ねた。

 来年の代表をAとBに分け、今月の全日本総合選手権の各種目優勝者らで構成するAを主要国際大会に優先的に派遣する。Bには男女各14人を選び、大会の結果に応じてAとBを入れ替える。

 代表のAは次の通り。 【男子】シングルス 田児賢一、桃田賢斗(以上NTT東日本)上田拓馬(日本ユニシス)佐々木翔(トナミ運輸)▽ダブルス 早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)、平田典靖、橋本博且組、園田啓悟、嘉村健士組(以上トナミ運輸)

 【女子】シングルス 三谷美菜津(NTT東日本)広瀬栄理子(ヨネックス)高橋沙也加(日本ユニシス)山口▽ダブルス 高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、樽野恵、新玉美郷組(NTT東日本)前田美順、垣岩組(ルネサス)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2013年12月20日のニュース