女子ツアー来季1試合増!賞金総額は史上最高36億円超に

[ 2013年12月11日 05:30 ]

日本女子プロゴルフ協会表彰式

(12月10日 東京都内)
 来季のレギュラーツアーはセンチュリー21レディース(7月25日開幕、静岡・伊豆大仁CC)が新規開設され、1試合増の計37試合が開催される。

 賞金総額は今年の31億5756万4000円を9243万6000円上回り、史上最高の32億5000万円。ステップアップツアー、レジェンズツアーはそれぞれ2試合が新設され、全ての試合を合わせた賞金総額も史上最高の36億950万円となった。小林浩美会長は「今季はあらゆる世代の選手が活躍した。賞金女王争いも最終戦の最終ホールまでもつれ込んで最後まで盛り上がった。年間を通じてワクワクドキドキを届けられたことと思う」と女子ゴルフ人気の要因を分析していた。

 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月11日のニュース