スマイルジャパン 「過去にいろいろ…」生活面も指導

[ 2013年12月11日 05:30 ]

 アイスホッケー女子日本代表スマイルジャパンが北海道苫小牧市内での合宿を公開し、飯塚祐司監督(39)はミーティングで選手たちに服装の徹底を指示した。

 「生活面、特に服装は日本選手団としてしっかりやってほしい。過去にもいろいろあったからね」と明かした。指揮官の脳裏に浮かんだのは10年のバンクーバー五輪だ。スノーボード選手の腰パン騒動が世間をにぎわせた。スマイルジャパンは団体行動で動くため何かと人目に付きやすい。監督の指示を聞いたGK藤本那は「もっと気をつけるようにしたいですね」と気を引き締めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月11日のニュース