坪井 ほぼノーミスで3位、佐々木は6位 冬季ユニバ

[ 2013年12月11日 23:20 ]

 ユニバーシアード冬季大会第1日は11日、イタリア北部のトレントなどで行われ、フィギュアスケートの男子ショートプログラム(SP)で坪井遥司(岡山大)はほぼミスのない演技で69・47点をマークし、3位につけた。佐々木彰生(明大)はジャンプの失敗が響き67・69点で6位だった。

 フリーは12日に行われる。

 大会は11日夜(日本時間12日未明)に開会式を実施して正式に開幕。

 ▽坪井遥司の話 ジャンプの成功は練習を重ねた結果。攻めの気持ちを大事にしようと思っていた。

 ▽佐々木彰生の話 (ジャンプの失敗は)全部もったいなかった。自分にしかできない演技をして、フリーはもっと上を狙っていきたい。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月11日のニュース