ショートのエース坂爪復帰「五輪出るため」13日から選考会

[ 2013年12月11日 21:39 ]

 13日からのスピードスケート・ショートトラックのソチ冬季五輪代表選考会の公式練習が11日、会場の大阪プールアイススケート場で行われ、9月下旬の右脚骨折からの復帰戦となる日本男子のエース坂爪亮介(タカショー)が調整し「五輪に出るために、何としても出場しようと思った」と決意を語った。

 坂爪は骨をつなぐ金属製のプレートとボルトが入ったままで、今も歩くだけで痛みを感じるという。約3週間前から氷上での練習を再開して徐々に回復しているそうで、万全な状態ではないが「滑るたびに速くなっている。今大会でもさらに速くなる」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月11日のニュース