田畑ら代表、51歳山本は落選 世界室内選考

[ 2013年12月11日 20:27 ]

 アーチェリーの世界室内選手権(来年2~3月・ニーム=フランス)代表最終選考会は11日まで愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで行われ、男子は田畑隼剛(東海大職)が1168点で1位となり、2位の菊地栄樹(エディオン)3位の鬼山直也(山梨・東海大甲府高)とともに代表に決まった。51歳の山本博(日体大教)は4位で代表入りを逃した。

 女子は川渕真弓(近大)中村美樹(日体大)西村紗芳(セイノー商事)の上位3人が代表に選ばれた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月11日のニュース