優勝でタイトル獲得の松山「ここで決定うれしい」

[ 2013年12月1日 18:01 ]

<カシオワールドOP 最終日>優勝を決め満面の笑顔を見せる松山英樹
Photo By スポニチ

カシオ・ワールドオープン最終日

(12月1日 Kochi黒潮カントリークラブ=7316ヤード、パー72)
 プレー後は自らに厳しいことが多い松山が白い歯を見せながら語った。

 ――優勝で決めた。

 「早く決めたい、優勝したいと思ってスタートした。途中3打差をつけられて逆に落ち着いた。勝てて良かった」

 ――思い出の地で。

 「中学から高校までお世話になったコースだけど、今までいい成績を出せず、ことしも無理なんじゃないかと思っていた。運良く優勝できて、賞金王もここで決められて本当にうれしい」

 ――米ツアーの出場権と日本のタイトルを同じシーズンに獲得。

 「どちらも難しい。出る全試合で頑張れば、と思っていたし、その(努力した)かいがあった。(賞金王が)通過点なのかは分からない。日本でやってきたことを海外でも、メジャーでも出せるようにしたい」

 ――今季の満足度は。

 「結果は百点以上。でもここで満足したらメジャー優勝はできない」

 ――左手の具合は。

 「うまくスイングできないし、違和感がある。10月すぎから自分では分からない疲れがあったのかなと思う。そこは来年に向けて強化したい」

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月1日のニュース