宮里聖志、シード権失う「来年は時々出てきますわ」

[ 2013年12月1日 18:57 ]

カシオ・ワールドオープン最終日

(12月1日 Kochi黒潮カントリークラブ=7316ヤード、パー72)
 宮里3きょうだいの長男でツアー1勝の聖志が、2005年から9年間守ってきたシード権を失った。

 今大会44位で賞金68万円を獲得して総額を1014万円余りとしたが、ランキングは76位。シード権を得る72位に約180万円届かず、最終戦には出場できないため上回る可能性がなくなった。

 弟優作、妹藍のきょうだいで唯一シードを手放したが、帰り際には「来年は時々出てきますわ」と努めて笑顔で話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月1日のニュース