早大、明大下し6勝目 帝京大は全勝V

[ 2013年12月1日 16:18 ]

 ラグビーの関東大学リーグ最終日は1日、東京・国立競技場などで対抗戦が行われ、伝統の一戦は早大が明大を15―3で下し、6勝1敗とした。明大は3勝4敗。既に3連覇を決めていた帝京大は慶大に75―0で快勝し、7戦全勝で単独優勝を果たした。

 3―3で折り返した早大は後半1分のトライで勝ち越し、終了間際にもトライを加えた。通算対戦成績は早大の51勝36敗2分けとなった。

 対抗戦は2位早大、3位は慶大と筑波大、5位は明大と青学大、7位成蹊大、8位日体大となった。青学大との直接対決に勝った明大までの上位5チームが全国大学選手権に2次リーグから出場する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月1日のニュース