木崎 3人だけの代表選出に「プレッシャーは凄くある」

[ 2013年4月26日 06:00 ]

ポーズをとる(左から)競歩男子の鈴木雄介、女子マラソンの木崎良子、競歩男子の谷井孝行

世界陸上 マラソン、競歩の日本代表発表

 名古屋ウィメンズを2時間23分24秒で制し、代表に内定していた木崎は代表が3人になったことについて「一人一人にかかるプレッシャーは凄くある」と話した。

 昨年のロンドン五輪の選手村で同室だった福士、アテネ女王・野口と挑む大舞台。「先輩方と一緒にチームジャパンで頑張りたい」と闘志を高めていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月26日のニュース