暴力行為根絶へ「日本のナショナルスタンダードは誤り」

[ 2013年4月26日 06:00 ]

「スポーツ界における暴力行為根絶に向けた集い」のシンポジウムで、涙ながらに体験を語るヨーコ・ゼッターランドさん

 日本体育協会(日体協)、日本オリンピック委員会、日本障害者スポーツ協会、全国高等学校体育連盟、日本中学校体育連盟のスポーツ統括5団体は都内で「スポーツ界における暴力行為根絶に向けた集い」を開き「暴力行為根絶宣言」を採択した。

 同宣言は(1)指導者(2)スポーツを行う者(3)スポーツ団体および組織、の3者に対し暴力撲滅とそれに向けた努力を促す内容。宣言文をまとめた早大スポーツ科学学術院の友添秀則教授は「(日本の)ナショナルスタンダードは誤りであるということを認識してほしい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月26日のニュース