桃子70位「耐える一日だった」 藍は96位「悪かったのは1ホールだけ」

[ 2013年4月26日 11:22 ]

第1ラウンド、18番でティーショットを放つ宮里藍

 米女子ゴルフのノーステキサス・シュートアウトは25日、米テキサス州アービングのラスコリナスCC(パー71)で第1ラウンドを行い、上田桃子は2バーディー、4ボギーの73で70位、宮里藍は折り返しの1番でトリプルボギーをたたくなど74の96位と出遅れた。宮里美香は75の112位。

 64をマークしたカロリーン・マソン(ドイツ)が首位に立ち、2打差の2位にカルロタ・シガンダ(スペイン)が続いた。

 ▼上田桃子の話 風がすごく回っていてグリーンが硬く、難しかった。耐える一日だった。後半は渋いパーパットも決まったので、2日目また頑張りたい。

 ▼宮里藍の話 悪かったのは(トリプルボギーの)1ホールだけ。その後すぐに取り返したのに、スロープレーの警告を受けてしまって、いい流れに乗れなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月26日のニュース