直道“脱帽”兄と13打差「ニュージャンボの時代だね」

[ 2013年4月26日 06:00 ]

18番、62でホールアウトしエージシュートを達成した尾崎将司(左)は弟の尾崎直道も“脱帽”

男子ゴルフツアー つるやオープン第1日

(4月25日 兵庫県川西市 山の原ゴルフクラブ山の原コース=6793ヤード、パー71)
 尾崎直道も歴史の証人となった。4年ぶりに兄の将司と同組になり62の好スコアを目撃した。18番グリーン上では帽子をとって深々と頭を下げる最敬礼。「本当にいいものを見せていただいた。本人が言うかもしれないけど“ニュージャンボの時代”だね」と余韻に浸った。

 17番では1Wで約20ヤードの差をつけられ、スコアも13打差。「俺があんなに努力できるかな。凄い試行錯誤している結果でしょうね」と9歳上の兄に感嘆していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月26日のニュース