白鵬 目標は「江戸で優勝」と「憧れ」朝青龍のV記録

[ 2013年4月26日 06:00 ]

新番付が発表され新入幕の大喜鵬(右)は白鵬と笑顔で握手をかわす

夏場所の新番付発表

 白鵬は11年秋場所以来1年8カ月ぶりの東京場所制覇と朝青龍に並ぶ25度目の優勝を目標に掲げた。

 「久しく江戸で優勝していないので、今回は優勝して憧れだった朝青龍と並べばいいなと思っている」と意気込んだ。先場所は東横綱を日馬富士に譲ったものの、双葉山と大鵬を抜く歴代単独最多の9度目の全勝を果たした。番付も東正位に復帰。「2場所ぶりでも久しぶりかな」と余裕の表情で話した。モンゴルの先輩である朝青龍の記録に挑戦することには「やっと肩を並べようとしている」と感慨深げ。同部屋の弟弟子の大喜鵬も新入幕を果たし「しっかり稽古をつけて、自分も体をつくっていけばいい」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月26日のニュース