ジャンボ暫定首位をキープ 28戦ぶり決勝ラウンド進出

[ 2013年4月26日 19:27 ]

第2日、通算8アンダーで暫定首位をキープした尾崎将司

 つるやオープン第2日(26日・兵庫県山の原GC=6793ヤード、パー71)雷で2時間48分中断したため、日没で第2ラウンドを完了できなかった。前日に62でレギュラーツアー史上初のエージシュートを達成し、単独首位発進した66歳の尾崎将司は通算8アンダーの134で、プレーを終えた選手の中での暫定首位をキープし、決勝ラウンド進出が決まった。

 尾崎将は4バーディー、5ボギーの72でスコアを一つ落としたが、第2ラウンドを終了していない選手が55人のため、決勝ラウンドに進む上位60位タイ以内を確定した。尾崎将の予選突破は2011年10月のブリヂストン・オープン以来、出場28試合ぶり。

 1打差でI・J・ジャン(韓国)と市原弘大。松山英樹は4ホールを残し、ボギーなしの6バーディーで通算8アンダー。昨季賞金王で大会2連覇を狙う藤田寛之も4ホールを残してイーブンパー。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月26日のニュース