千代鳳 20歳新入幕 九重親方「食べて稽古で絞れ」

[ 2013年4月26日 06:00 ]

新入幕・千代鳳

夏場所の新番付発表

 20歳の若さで新入幕を果たした千代鳳は「幕内に上がれると思っていなかったので、うれしい」と手放しに喜んだ。

 174キロの重さを生かした突進力を武器に初場所から2場所連続で10勝。「一気に攻める相撲を取りたい」と話したが、十両昇進時より約15キロも太っただけに師匠の九重親方(元横綱・千代の富士)からは「これ以上、太るなよ。食べるなと言ってるんじゃない。食べて稽古で絞るんだ」と“増量禁止”を宣告されていた。

 ▼東龍 新入幕は凄くうれしい。旭鷲山や旭天鵬関が活躍してたし、幕内は憧れだった。大先輩の旭天鵬関と当たってみたい。自分を追い込む稽古をして勝ち越せるように頑張りたい。

 ▼誉富士 うれしいけど、まだまだ上があるので、とりあえずという感じ。安美錦関や横綱(日馬富士)からアドバイスを受けて気持ちの持っていき方が変わった。まずは宝富士を抜きたい。先輩としてのプライドがありますから。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月26日のニュース