野村敏京 通算9アンダーで首位キープ

[ 2011年5月21日 18:10 ]

第2日、通算9アンダーで単独首位の野村敏京

 女子ゴルフツアーの中京テレビ・ブリヂストンレディース(愛知・中京GC石野コース、パー72)第2ラウンドが21日に行われ、首位スタートの野村敏京が4バーディー、1ボギーの69と伸ばし、通算9アンダーの135でトップを守った。

 2打差の2位はアン・ソンジュ(韓国)で、さらに1打差の3位に笠りつ子が続いた。通算5アンダーの4位は上原彩子、66で回り、51位から浮上した木戸愛ら7人。前回優勝の不動裕理は74で、通算1アンダーの32位に後退した。

 通算1オーバー、46位タイまでの51人が22日の決勝ラウンドに進んだ。

 ≪野村 2位との差を2打に広げる≫単独トップで出た野村は9番(パー5)でこの大会初めてのボギーをたたいたが、ボギーはこのホールだけ。2位との差を2打に広げた。

 大勢のギャラリーを引き連れてのプレーにも「6アンダーを守れればいいと思った。緊張は最初だけだった」という。韓国人の母親を持つ18歳は「最終日はアン・ソンジュさんと同組でうれしい。練習ラウンドが一緒で、いいお姉さんだった。あしたも守りのゴルフをしたい」と笑顔で話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年5月21日のニュース