bj プレーオフへ4チームの監督が闘志

[ 2011年5月21日 06:00 ]

 プロバスケットボールのbjリーグのプレーオフ「ファイナル4」は21日、東京・有明コロシアムで開幕する。

 20日には都内で東、西の両地区を勝ち抜いた4チームの監督が会見。東地区を首位通過し、連覇を狙う浜松の中村和雄ヘッドコーチは「震災でポイントガード(ジャメイン・ディクソン)がチームを離脱して弱くなったが、踏ん張ることで人間は成長できる」と静かに闘志を燃やした。東日本大震災後、東地区で3チームが活動を休止した特別なシーズンのファイナル。河内敏光コミッショナーは「この週末は、バスケットを通じて笑顔と勇気を伝えたい」とスポーツの力を口にした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年5月21日のニュース