コロナで4300億円超の減収! 欧州クラブが今季、来期の経営見通しを発表 入場料収入が激減

[ 2020年7月9日 05:30 ]

 サッカーの欧州クラブ協会(ECA)が7日、新型コロナウイルスの影響で、欧州の主要10リーグのクラブチームが今季と来季で計36億ユーロ(約4356億円)の減収を強いられる見通しを発表した。

 多くのリーグが数カ月の中断や無観客試合を余儀なくされ、前例のない巨額の損失が予想される。最も減収幅が大きいのは入場料で、今季は4億ユーロ減の25億ユーロ、来季は11億ユーロ減の19億ユーロと試算した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月9日のニュース