Jリーグ優秀選手賞にイニエスタ、ビジャ、仲川、畠中ら33選手 この中からMVP、ベストイレブンを選出

[ 2019年12月7日 20:40 ]

<横浜・FC東京>得点王を分け合った横浜・仲川(左)とマルコス・ジュニオールが記念写真に納まる(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 Jリーグは7日、J1・18クラブの監督および選手による投票結果をもとに選んだ優秀選手賞33人を発表。この日、15年ぶり4度目の優勝を決めた横浜と、最終節まで優勝を争った2位・FC東京からそれぞれ最多7選手が選出された。

 8日に開催されるJリーグアウォーズで表彰される最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブンの受賞選手は優秀選手賞33人の中から決定する。

 優秀選手賞を受賞した33選手は以下の通り。

 【GK】林彰洋(FC東京)、朴一圭(横浜)、キム・ジンヒョン(C大阪)

 【DF】福森晃斗(札幌)、シマオ・マテ(仙台)、室屋成(FC東京)、森重真人(FC東京)、谷口彰悟(川崎F)、ティーラトン(横浜)、チアゴ・マルチンス(横浜)、畠中槙之輔(横浜)、エウシーニョ(清水)、マテイ・ヨニッチ(C大阪)

 【MF】レオ・シルバ(鹿島)、土居聖真(鹿島)、セルジーニョ(鹿島)、高萩洋二郎(FC東京)、橋本拳人(FC東京)、大島僚太(川崎F)、中村憲剛(川崎F)、家長昭博(川崎F)、喜田拓也(横浜)、山口蛍(神戸)、アンドレス・イニエスタ(神戸)、柏好文(広島)

 【FW】興梠慎三(浦和)、ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)、永井謙佑(FC東京)、マルコス・ジュニオール(横浜)、仲川輝人(横浜)、ドウグラス(清水)、ダビド・ビジャ(神戸)、古橋亨梧(神戸)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月7日のニュース