清水・金子 節目弾でJ1生き残る「倒れるくらい走り切る」

[ 2019年12月7日 05:30 ]

明治安田生命J1最終節   清水―鳥栖 ( 2019年12月7日    アイスタ )

清水MF金子
Photo By スポニチ

 今節でJ1通算100試合目を迎える清水MF金子が節目の得点で残留に導く。

 16年J2最終節で昇格を決める決勝弾、17年にはJ1通算2万ゴールを決めるなど節目の得点でチームを救ってきた。今季はここまで1得点だが「点を取るというストーリーを思い描く」と鼻息は荒い。引き分け以下ならJ1参入プレーオフに回る可能性のある一戦を前に「試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、倒れるくらいに走り切る」と並々ならぬ覚悟を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月7日のニュース