川崎F・小林悠 ミランダ・カーと“夢コラボ” 書き初めの一文字は「王」

[ 2019年1月10日 11:44 ]

マルコメの糀甘酒PRイベントに登場した川崎FのFW小林悠とミランダ・カー
Photo By スポニチ

 川崎FのFW小林悠(31)が10日、チームもサポートする味噌を中心とする食品メーカー、マルコメ株式会社の糀甘酒PRイベントに登場。トップモデルのミランダ・カーとの“夢のコラボ”が実現した。ミランダ・カーが着物姿で登場すると、会場からは感嘆の声が上がり、小林が「綺麗ですね」と誉めると、ミランダ・カーは日本語で「ありがとう」。ほほえましいやりとりに、会場の雰囲気は一気に和んだ。

 イベントでは両者が書き初めも披露。昨年第2子を出産したというミランダ・カーが「すべては愛から生まれる。愛を込めて書きました」という「愛」の一文字を披露すると、小林は「王」を選択。「日本人なのにミランダさんより簡単な字を選んで恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべながらも、「得点王、そしてチームとして王者にまたなるという強い気持ちを込めて書きました」と説明した。

 またリーグ2連覇を記念して、マルコメからは特別デザイン味噌汁を発売。10日から川崎Fの公式HPで受注販売の受付を開始するという。

 昨年に窩底骨折を負った左眼に関しては、今年に入って最終的な検査を行ったようで「すごく順調。キャンプからヘディングもやって良いということだったので、問題なくやれるかなと思います」と順調な回復具合を報告。元ブラジル代表FWでロンドン五輪得点王のレアンドロ・ダミアンを始め、C大阪から元日本代表MF山村、、広島からDF馬渡らを補強したとあって、複数タイトルを掲げる今季に向け「これだけ戦力が揃えば、タイトル獲れなかったら自分たちの責任。キャプテンとして何でも言い合えるチームにして、強いフロンターレにしたい」と強い思いを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月10日のニュース