岡崎、ハダースフィールドから獲得オファーもレスター拒否か 英紙報道

[ 2019年1月10日 22:14 ]

レスターの岡崎慎司
Photo By スポニチ

 イングランド・プレミアリーグ、レスターの元日本代表FW岡崎慎司(32)が、同じプレミアリーグのハダースフィールドから獲得オファーを受けたと、10日に英紙デーリー・テレグラフが伝えた。レスター側はオファーを拒否したという。

 レスターで4季目を迎えた岡崎は、足首負傷による出遅れ、新選手加入の影響などでレギュラーから外れ、今季プレミアリーグで先発出場は1試合のみ(途中出場は12試合)。今年6月でレスターとの4年契約が満了することについて、昨年12月に地元レスターマーキュリー紙で「レスターを家族のように愛しているが、欧州で新しい挑戦がしたい。残るか、出ていくか分からないが、欧州に残りたい」と話していた。

 ハダースフィールドは昨季16位でプレミアリーグ残留を果たしたが、今季は最下位に低迷。21試合でリーグ最少のチーム13ゴールと得点力不足は深刻で、ワグナー監督は5日のFA杯3回戦で2部ブリストルに0―1で敗れた後に「FWを獲得できるかは分からない。みなさんご存じのように予算は潤沢ではない」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月10日のニュース