柴崎、冨安との連係に手応えと課題「バランス悪かった」

[ 2019年1月10日 05:30 ]

サッカーアジア杯1次リーグF組   日本3―2トルクメニスタン ( 2019年1月9日    UAE・アブダビ )

前半、柴崎シュート決まらず(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 MF柴崎は新相棒との連係に自ら“及第点”を与えた。冨安とのダブルボランチは初めて。「彼も初めてで難しい部分はあったと思うけど、よくやってくれた。(攻撃と守備で)タイプ的にははっきりしていた。やりづらさは感じなかった」とうなずいた。

 修正すべきはより密なバランス感覚。この日はパスミスもあり、決定的な場面はつくれなかった。「僕と冨安のところでバランスが悪かった。DFラインの連係のところでもあいまいなところがあった」と修正を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月10日のニュース