トルクメニスタン、速攻光った!監督称賛「よく耐えた」

[ 2019年1月10日 05:30 ]

サッカーアジア杯1次リーグF組   トルクメニスタン2―3日本 ( 2019年1月9日    UAE・アブダビ )

後半、権田はPKを止められず(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 トルクメニスタンは1―3と逆転された後も諦めず、1点差まで詰めた。次戦へ士気が高まる健闘で、ホジャゲルディエフ監督は「日本がボールを支配したが、よく耐えた」とねぎらった。

 守備ラインに5人、中盤に4人を並べて堅固な守備網を築き、逆襲で脅かした。前半の1点目のミドルシュート、後半の2点目につながるPKを獲得した流れは、ともに速攻から。監督は「狙い通り、カウンターから得点のチャンスもあった」とうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月10日のニュース