カルロス・ケイロス氏、コロンビア代表新監督就任へ 現在はイラン指揮…アジア杯後発表へ

[ 2019年1月10日 17:28 ]

 イラン代表のカルロス・ケイロス監督(65)が、コロンビア代表の新監督に就任すると、9日にコロンビアのカラコル・ラジオが報じた。現在UAEで開催中のアジア杯終了後に正式発表される見通しという。

 ポルトガル人のケイロス氏は、ポルトガル代表、J1名古屋、レアル・マドリードなどで監督を務め、2011年からイラン代表を指揮。2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2大会連続でW杯出場に導き、FIFAランキングでアジア最上位の29位と強豪に育て上げた。

 FIFAランキング12位のコロンビア代表は、2012年から指揮していたホセ・ペケルマン監督(68)が昨年9月に退任。後任候補には元ブラジル代表監督のルイスフェリペ・スコラリ氏(70)らが挙がっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月10日のニュース