G大阪・遠藤、戦友の引退悲しむ「もっと戦いたかった」

[ 2019年1月10日 05:30 ]

元G大阪・加地亮氏(右)とトークをする遠藤保仁 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 G大阪のMF遠藤がレジェンドたちへの思いを口にした。8日に横浜F時代の先輩でもあるGK楢崎と日本代表時代の戦友・DF中沢が現役引退を発表。同学年のMF小笠原、GK川口も現役引退を表明しており「もっとピッチで戦いたかった」と悲しんだ。

 楢崎の引退で横浜F所属経験のある唯一の現役選手となった遠藤。今季も出場を続ければ楢崎の持つJ1最多631試合出場の記録を抜く可能性もある。「お世話になった先輩たちのためにも最後までやる。良いパフォーマンスを見せて“いなきゃいけない”というのを証明したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月10日のニュース