森保監督、ヒヤリ6戦無敗 初の追う展開「難しい試合」

[ 2019年1月10日 05:30 ]

サッカーアジア杯1次リーグF組   日本3―2トルクメニスタン ( 2019年1月9日    UAE・アブダビ )

後半、指示を出す森保監督(右)(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 森保監督にとっては笑顔なき、公式戦初勝利となった。額から流れる汗の要因は暑さだけではなかったはずだ。「初戦特有の難しい試合になった。内容的には攻守とも上げていかないと。勝てたことは良かったですが…」。選手&監督として優勝すれば、史上初の快挙。だが初戦勝利までの道のりは平たんではなかった。

 前半26分にミドルシュートを決められ、就任6試合目で初めて先制される展開。ハーフタイムには「攻守の切り替えの部分とブロックをつくって来る相手に対し、背後への動きだしを選手には伝えました」。特に原口を中心とした左サイドを活性化させ、何とか逆転につなげた。

 開幕直前、中島、守田が負傷離脱するトラブルにも「想定外のことも当たり前に乗り越えた先に大きな成果がある」と覚悟を決めた。DF冨安を急造ボランチに抜てきし、初戦を乗り切った。次戦は13日のオマーン戦。「最善の準備をし、ベストを尽くす。成長、勝利を目指してやっていきたい」と連勝を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月10日のニュース