トルコ移籍報道の長友 インテルに「感謝の想いで胸がいっぱいです。ありがとう」

[ 2018年1月31日 15:12 ]

インテル・ミラノの日本代表DF長友
Photo By スポニチ

 トルコ1部ガラタサライへの移籍が「事実上合意に達した」と一部で報じられた日本代表DF長友佑都(31=インテル・ミラノ)が31日、自身のツイッターを更新。7年間在籍したインテルに感謝のメッセージを送った。

 長友は「今日でインテル丸7年。2011年1月31日にインテルからオファーがあり、電撃移籍したのを思い出す」とツイート。「感謝の想いで胸がいっぱいです。ありがとう」と続けた。

 長友はFC東京から11年にインテルに移籍。在籍8シーズン目の今季はライバルの加入などで出場機会が減少しており、直近はリーグ戦10試合で出場はわずか1試合にとどまっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年1月31日のニュース