オーバメヤン ドルトムントからアーセナルに移籍 移籍金は約87億円

[ 2018年1月31日 20:36 ]

 MF香川真司(28)が所属するドイツ1部ドルトムントは31日、エースストライカーとして活躍してきたガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン(28)がプレミアリーグのアーセナルに移籍することで合意したと発表した。

 アーセナルも公式サイトで「クラブ記録の移籍金で長期契約を結んだ」と移籍を正式発表。地元メディアによると、移籍金は6450万ユーロ(約87億円)になるという。

 オーバメヤンは13年にフランス1部サンテチエンヌから加入。4シーズン半でリーグ144試合に出場して98ゴールを挙げ、2016〜17年は31得点でリーグ得点王に輝いた。

 地元メディアによると、ドルトムントはオーバメヤンの穴埋めにチェルシーからベルギー代表FWミシー・バチュアイ(24)を獲得する見通し。チェルシーはアーセナルからフランス代表FWオリビエ・ジルー(31)を獲得し、三角トレードのような形になる可能性が高いという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月31日のニュース